福利厚生が充実しているのは公立病院だけど、古い体質が根強く残っているのも公立病院

病院には、個人病院や民間の病院、公立病院、大学病院など様々な病院がありますよね。 それぞれに、ハードさがあり、どこが働きやすく、どこが働きづらいとは一概には言えません。 それは、仕事の内容云々よりも、上司の理解や、職場の人間関係、職場の雰囲気によって働きやすさがかわってきますからね。 しかし、給与や福利厚生などの組織としての面でみると、やはり公立病院などは待遇がものすごく良いですよね(*^o^*) 公立病院であれば、公務員扱いですから、看護師であって、さらに公務員でもあるという、社会的立場としてもかなりの高待遇になります。 だから、定年まで働くことを考えたら公立病院を選んだ方がメリットは大きいですよね。 しかし、公立病院ってなんとなく良いイメージがありません(;´Д`A なぜなら、やはり待遇の良い病院を退職せず永年勤続を目指す看護師が多いため、お局ナースがいたり、昔の体質が未だに色濃く残っているという嫌な風習があるからです。 永年勤続している看護師たちも、それなりの苦労を乗り越えてきた人たちなのでしょうが、それがまた嫁姑のような関係を築いていますよね。 何かにつけて、昔はこうだった、ああだったと、昔の体制を引っ張り出し、今の若い人は恵まれているだの、文句たらたらです。 子育て支援体制をいくら整えても、子育てに苦労してきたことを引っ張り出し、今の若い親は甘えてると嫌味たらたら。 だから、公立病院は古い体質が残っていると言われてしまうんですよね>_< 待遇だけでみたら、やはり公立病院を選びたくなりますが、子育てなどを両立させる際に、家族の協力が手薄な場合などはやはり続けるのは相当な覚悟が必要かもしれませんね…(u_u)